怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前の続きですw


興福寺
P1000848.jpg




P1000842.jpg

庚申信仰
体内には、「三尸の虫」と言う虫がいて、庚申の日の夜、体内から抜け出して天帝に悪事を告げるという。その虫を退治する為に大きな身代わりの申の背に願いを書いて家の中で吊る風習があったそうです。

庚申講
P1000803.jpg


P1000801.jpg


P1000548.jpg




P1000549.jpg




P1000555.jpg





P1000800.jpg





P1000798.jpg




P1000817.jpg


庚申堂
P1000806.jpg



P1000813.jpg






P1000812.jpg



P1000809.jpg





P1000825.jpg





スポンサーサイト
今回は京都編、この前のつづきからスタートですw
八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る4丁目金園町390

日本三庚申のひとつで、最初の庚申さんだそうだ。難病奇病を封じ込める「コンニャク封じ」の寺としても有名、御利益は腰痛、神経痛など。「タレコ封じ祈祷」、家出人・行方不明・失せ物を引き寄せる「鉤召祈祷」など摩訶不思議な寺ですwww。

京都東山清水142.JPG庚申堂
庚申信仰
人の身体の中には三尸(さんし)という虫がいて、60日毎に巡ってくる庚申(かのえさる)の日に、人々が寝静まった夜、その虫が体内から出てきて天帝にその人の悪行を報告し、怒った天帝はその人を早死にさせてしまう。だから庚申の日は寝ないで夜通し起きていて、三尸(さんし)が体内から抜け出さないようにします。
そして妖怪「しょうけら」は人々がこの行事を守っているかどうか見回っており、しょうけらによる害を避けるために「しょうけらはわたとてまたか我宿へねぬぞたかぞねたかぞねぬば」と呪文を唱えるとかwこの寺の何処かにしょうけらが隠れているかもしれませんwww

京都東山清水022.JPG庚申堂
ビンズルさんかと思えば・・・融通(ゆうずう)さんでした!「融通が利く!利かない」とはこのかたからきたとか?wwwお金の融通が利きますように・・・wwwしかし、カラフルすぎますよねw融通さんに「ユーハッピーかい?俺はハッピーだぜ!!お供え食うか?」とか聞かれそうです・・・それがまた異様ですwww

京都東山清水023.JPG庚申堂


京都東山清水024.JPG庚申堂
聞いてない聞いてないモン、キ~w

京都東山清水026.JPG庚申堂
何か、「あっ!シマッタ言ってしまった」てなお顔ですが・・・・


京都東山清水027.JPG庚申堂





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。