怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、バイクで京都、「きぬかけの路」付近を廻ってきました。
まずは、狩野探幽さんの「八方睨みの龍」で有名な京都市右京区にある臨済宗妙心寺の大本山へ・・・
寺への到着は、12時頃で時間が勿体無いので昼食抜きです。
妙心寺は、花園法皇の離宮であったが、自ずから改めて禅寺となった。
境内には、46の塔頭がある大きなお寺さんです。
法堂の天井に描かれた龍は、どの方角から見ても必ず自分を睨んでる。見る方向が変われば昇龍に見えたり降り龍に見えたり3Dのような不思議な絵です。狩野探幽さんが8年もの年月かけて描いた力作。龍は、法堂を守る為の聖獣。全国に沢山の末寺があり「算盤面」と称されてます。

P1010688.jpg



P1010650.jpg


P1010654.jpg

残念ながら法堂の中は、撮影禁止でした。
P1010655.jpg


P1010673.jpg


P1010658.jpg


P1010667.jpg


P1010677.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/1006-203f039c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。