怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京の七福神めぐりのつづきですw
福禄寿神の次は、寿老神です!
中国の老子が天に昇って仙人になった姿だそうで、
三千年の長寿を保つ玄鹿を従え、難を払う団扇を持ち
福財、子宝、諸病平癒、長寿のご利益があるそうです!


比叡山の麓から丸太町通までやって来ましたw
雪も殆んどありませんね!太陽が顔を出してきました!
市内で駅伝が、あるみたいでテレビ中継車も見ましたよ!

P1010557.jpg



丸太町通から寺町通に入ると左側に革堂が見えてきますw


革堂(寿老神)
京都市中京区寺町通竹屋町上ル
市バス川原町丸太町停下車

平安初期、行円上人によってひらかれたお堂。
行円上人はもと猟師でした。射止めた雌シカの腹から子ジカが生まれたのを見て、殺生を悔い仏門に入られました。行円は布教のとき寒さ暑さを問わず常にシカ革の衣を着ていたことから、人々が革聖(かわのひじり)とか皮上人と呼ばれたことが革堂の由来。行円上人は、殺された鹿に無常を感じて肌身離さなかったといいます。



P1010558.jpg



P1010561.jpg


寿老神
P1010564.jpg


めづらしい~~~霊符の神様!鎮宅霊符神も祀られてましたw
P1010563.jpg


P1010565.jpg
続きまして東寺の毘沙門天ですw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/696-6de81d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。