怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
201103220929106b5.jpg


昔々、1616年藤坂の山中にオニ墓と呼ばれる霊験あらたかな2個の石があったそうな。禁野村和田寺の道俊さんは自ら王仁の子孫と称し、『王仁墳廟来朝記』を著し、藤坂村字御墓谷のオニ墓は王仁墓の訛ったものと表したそうな。
1731年京都の儒学者並川五一郎は、その『王仁墳廟来朝記』により、領主・久貝因幡守に進言「博士王仁之墓」の碑を建立しちゃた。
1938年、大阪府は申請に従い史跡13号に指定,めでたくオニ墓は王仁博士のお墓へとお墨付きをもらいました。墓の真贋のほどは、謎のまま・・・ここから先は、自分で調べてねw!伝・・・となってるのは、そういうことみたいです。



P1050076.jpg





大阪府枚方市藤坂東町
P1050079.jpg

起伏ある住宅街を抜けていきますw
P1050082.jpg


到着!(^^)!

P1050116.jpg



P1050088.jpg



P1050084.jpg


よー解らんうちに凄く立派な百済門が建ってる!韓国から材料も取り寄せたものだそうです。
P1050087.jpg



P1050092.jpg



P1050111.jpg



P1050095.jpg



王仁博士

五世紀前半以前、百済より渡来した人物。論語十巻と千字文一巻のあわせた儒教と漢字が伝えられたとされている。ただし残念ながらこの時代、千字文(六世紀に成立)は王仁博士の生存時まだ編集されていない。それもあってか伝説上の人物との説もある。
『日本書紀』では王仁、『古事記』では和邇吉師(わにきし)。伝承によると、漢の高祖の子孫といい、その名前から推測して高句麗に滅ぼされた楽浪郡の漢人系の学者とされる。尚、朝鮮には、王仁の記載された記録文献は無くて近年になって日本からの記録により、韓国で日本に漢字を伝えてあげた韓国人として教育されているそうだw

王仁博士の話も謎のままですねw前にある石が、霊験あらたかなオニ墓と呼ばれてた石、後ろのお墓が、江戸時代に建てたもの



P1050094.jpg

「難波津(なにはづ)に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」
王仁『古今集仮名序』

訳:難波津に、咲いたよこの花が、冬の間は籠っていて、
      今はもう春になったので、咲いたよこの花が!

※咲くやこの花とは、梅の花だそうです。
      
     

 



P1050099.jpg

千字文とは?
中国の初級習字の教科書です!四言古詩250句計1000の漢字で構成されている。
中国書道史上、最も優れた書家のひとり王義之の写本が、天平年間に渡来し現存する。

P1050098.jpg






P1050101.jpg





P1050103.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/833-6188daf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[画像]  どうも、こん○○は。  突然ですみませんが、仕事などのオフの多忙につき、今月(2011年11月)の前半頃までは弊ブログの記事更新を休止します。  また、ツイッターもそれまでの間は、私宛のメッセージに時々レスを返す以外は、ほとんど活動を休止するつも?...
2011/11/09(水) 11:10:12 | 小路のヲタク草紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。