怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンポポ畑w
何処か解りますかね?きっと行ったことのある人もおられるでしょう。
奈良県明日香村の石舞台古墳附近です!
自宅からバイクで1時間30分位で行けますw
遠足?の学生多いねw今日も太陽は白いし風は黄砂の甘い味がするw


P1060981.jpg



P1060987.jpg

正面じゃなくて後ろから回り込んだ場所から撮影!石舞台の下側の広場は、凄い人でした。
P1060988.jpg


P1060977.jpg


飛鳥資料館ですw
今日も用事があってトンボ返りです!亀石も猿石も酒船石も見ないまま・・・そんな時は、とりあえず飛鳥資料館w
レプリカですけど(注意:ホンモノもありまツ)www

P1060955.jpg

中大兄皇子の母、斉明天皇による水と石のまほろばの都・・・

P1060967.jpg

日本書記によると、溝を掘るのに三万人、石垣を造るのに七万人の人夫が使われたそうだw
P1060958.jpg



P1060961000.jpg




P1060970.jpg




「蝦夷の人々よ!見るがよい、飛鳥の都を!そして須弥石は世界の中心、聖なる場所ぞwww」
日本書記に東北の蝦夷の人々をもてなしたとあり
近くの石神遺跡から当時東北地方で作られていた黒色土器が、多数みつかっている。

P1060965.jpg


P1060969.jpg



P1060966.jpg




後ろの山は、耳成山だとおもいますw
平地に突如として存在するので人工造山だと思ってましたw調べてみたら、噴出した火山岩が侵食されてその一部のみが残存した侵食地形だそうですw以前は、バイク(トライアル車)でも登れて山頂に穴があったwありゃ火口の名残なのかも・・・
大和路・・・また、ゆっくり訪れる予定ですw

P1060951.jpg


201103220929106b5.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: t 様
春なのに枯葉色w
2012/05/02(水) 23:25:13 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
バッタがメタリックに見える宴の後・・面白いね
2012/05/02(水) 22:33:53 | URL | t #-[ 編集]
Re: さくらさま
小学生の遠足コースに多いですよねw
小学生の頃なんて誰しも卑弥呼か邪馬台国ぐらいしか知りませんもんねw
帰りに纏向遺跡、箸墓古墳、三輪山、黒塚附近を通過してきました。
再度ゆっくり訪れたいですw

2012/04/28(土) 21:29:48 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
まだ特殊な趣味もないw、
な~んにも知らない小学生の頃に行ったのが悔しいです。
もう一度行きたい…。
2012/04/28(土) 16:19:53 | URL | さくら #-[ 編集]
Re: 雪風さま
ウマ公が、日本にやって来たのは後の時代でしたよね!
遺跡からのクラやアブミ等、出土物からみてねw
騎馬民族日本制覇説みたいなのもありましたよねwww
ウマ公もいないのに・・・
どろろも記憶があまりありませんが歌は好きですよ!

2012/04/28(土) 00:03:07 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
火の鳥
まあブックオフに普通の装丁も
コンビ二版も有りますが。
サルタヒコ、あれはたぶん聖域の渡来人人がモデルでしょう。
火の鳥の頃ですと騎馬民族説が有力でしたが、最近どちらかというと
南方起源説の方が有力ですね。

まあ手塚御大も歴史学者ではないし、SF-空想科学は得意でも歴史的なものは少々苦手だったのでしょう。

”どろろ”実写にもなり、名作と言われていますが、時代背景はおかしかったです。
だから実写化の時衣装とかずいぶん研究した様です。
もっとも”どろろ”原作執筆時、手塚御大、水木御大にかなり対抗心を持ち、急遽それまでの未来のロボットから時代劇的妖怪ものを描いた様です。
2012/04/27(金) 14:05:11 | URL | 雪風 #bhrmWvlA[ 編集]
Re: 雪風さま
火の鳥、記憶があまり残ってないです。
サルタヒコもあの面ですからwww
キビノマキビが、カッコよかったイメージがありまツ
「三つ目がとおる」で飛鳥の酒船石とか出てきましたよねw
あれは、面白かったw

2012/04/27(金) 12:13:12 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
石舞台
手塚治虫御大、そう嫌いじゃないんですが、”火の鳥”で”石舞台=出来損ない”という表現は不快でしたね。
ヤマトタケルの扱いが酷く、最後の方でいいかげんに尻切れトンボみたいに描いていたし。
火の鳥全般的にはいいのですが、
あれがちょっと好きになれません。
そして扱いが不敬だと思いました。

あれだけの石を積み上げた技術はすごいです。
もう少し古代の人々の活躍を肯定して良いと思いました。


2012/04/26(木) 07:09:10 | URL | 雪風 #bhrmWvlA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/916-28146ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[画像]  どうも。  またオフが多忙になりまして、ブログ記事が更新できずにおりました。  今日はとりあえず、半月ほど前に撮影した京都・祇園の円山公園の夜桜をアップします。  去年も円山公園の桜を撮りましたが、今年もやってきました。  もう桜の時期は過ぎ...
2012/04/26(木) 21:25:59 | 小路のヲタク草紙
[画像]  このところまた多忙が重なって更新が滞りがちになりましたが、再開します。  更新が遅くなりがちということもありまして、桜の散ってしまった今頃でもまだ「霊場魔所の桜」特集をやっているのですが(笑)、今回は桜の話だけでなく、伝説等が遺されている場所...
2012/04/29(日) 08:56:19 | 小路のヲタク草紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。