怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都、西本願寺の別院である伝道院は、あの平安神宮(1895年)震災記念堂(1930年)築地本願寺(1934年)などを設計した伊東忠太の作品です。京都では祇園閣も彼の作品ですw
以前は工事中で足場や幕が貼られ見ることが出来ませんでした。でもその長年の改修が、終了したようで見に行ってきました。
なんとも異国の文化を感じさせる特異な建物。そして建物を護るように配置された伊東忠太の想像上の不思議な怪物達。



P1070317.jpg


P107029500.jpg




P1070303.jpg



P1070282.jpg



P1070283.jpg


P1070297.jpg


P1070299.jpg


P1070285.jpg


P1070305.jpg


P107030600.jpg



P1070288.jpg




P1070291.jpg



P1070307.jpg




P107029600.jpg


P1070315.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: t さま
伊東忠太的動物?
象でも龍でもないかもしれないしソウかもしれないw
2012/05/09(水) 19:35:07 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
でもコレ石だよね彫像は龍と象?怖く無くて夜中に喋っちゃいそーだネ
2012/05/09(水) 16:15:46 | URL | t #-[ 編集]
Re: さくらさま
大正時代にアジアを廻って「妖怪研究」を発表してるぐらいですから
相当なものですよwww祇園閣の特別拝観まだかな~~~w
2012/05/06(日) 22:36:43 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
Re: 雪風様
彼は山形県生まれでしたか、幼少の頃よりそういう妖怪のようなモノたちを
自然の中に感じていたのかもしれません。あの時代に中国、インドやイスラム圏まで
足を運び、崇高なモノ、人知を越えたものは異形のモノだろうと言われております。
異国で見た想像上の怪物等の像にも相当影響されたのでしょうね。
2012/05/06(日) 22:31:55 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
わあっ!すご!見たいです!
ちょっと調べてみよっと。
グリフォンみたいのもいて、西洋風かな。
2012/05/06(日) 10:16:00 | URL | さくら #-[ 編集]
妖怪オブジェ
東京の築地本願寺も不思議な建物ですが中入ったことありません。
なぜ妖怪オブジェを置いたのでしょうね?
凡人には天才を理解するのは困難です。
2012/05/06(日) 07:54:45 | URL | 雪風 #bhrmWvlA[ 編集]
Re: 玉坂めぐる様
彼の作品て異国の雰囲気がありますよねw
怪物が無くても不思議な建物!好きな建築家です。
はじめて見たのが祇園閣、あの祇園にあってインパクト有りすぎですwww
2012/05/04(金) 23:48:56 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
画像をざっと見て、みてひょっとして・・・と思いましたが、やっぱり伊藤忠太さんでしたか。
「妖怪趣味」って自らおっしゃってるんですよね。親近感を勝手に感じて近頃憧れています。
やっぱりおもしろいですね、いいものを見せてもらいました。
2012/05/04(金) 23:31:40 | URL | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/920-b31868fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[画像]  もう桜は散ってしまったのですが(笑)、今回も京都の霊場魔所の桜について。  今回は、本シリーズで何度か(第42回や第164回などで)とりあげた「千本えんま堂」の桜をとりあげます。  千本えんま堂境内の庭には、現在でも「普賢象桜」という桜が咲き?...
2012/05/06(日) 16:15:31 | 小路のヲタク草紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。