怪適!テクテク画録!dash7

日々の世迷言と絵とコンデジブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚聖天
盆の日に1年前に親戚へ貸していた本が、帰ってきました。
司馬遼太郎先生の「俄浪華遊侠伝」
侠客明石屋万吉こと小林佐兵衛の一代記1829年(文政12年) - 1917年(大正6年)8月20日。消防団の創始、天神祭は、この御方の遺産。大阪相撲の興行主でもあった。私の御先祖様がね大阪相撲と深く関わっていたのでこれも何かの縁かと明石屋親分のお堂のある宝塚聖天へお参りして来ました。
[わいの一生は一場の俄や!」と十一歳でバクチ場荒らしに始まり米相場破りと破天荒な人生、播州小野一万石の一柳家に頼まれ武士になる。



阪急宝塚駅付近ですw
P108069600.jpg

住宅地の山を登ったところにありました。
P108069911.jpg


小林佐兵衛翁御堂
P108070111.jpg

小林佐兵衛翁木造
P108070211.jpg


P108070311.jpg


そして、零戦の墓場があり
全国陸海空戦没者250万の英霊が祀られております。合掌

P108070922.jpg


P108071822.jpg



P108071322.jpg



P108072322.jpg







ps,
紅の豚の挿入歌はパリコミューンの野戦病院の看護婦ルイーズに捧げられた­­最後の詩文だった・・・。
1871年3月28日、パリ市庁舎前でコミューン成立が宣言された。
詩人のジャン=バティスト・クレマンが20歳くらいの野戦病院の看護婦、ルイーズと出会ったのは、“血の週間”と呼ばれるヴェルサイユ軍によるコミューン連盟兵と一般市民の大量虐殺が行なわれた時だった。
 彼女は手に桜んぼの入った籠を携えていたという。何か役に立つことはないかとやって来たのだった。彼はその娘と再会したいと思い、住所を尋ねたが、それは果たされなかった。彼女も犠牲者となっていた。


201103220929106b5.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: t さま
人類なんてほっといても絶滅してしまいそうですよねw
宇宙○テーションが落下する時が始まりのようです・・・
3度目の戦を始める国は、世界4代文明発祥の国の一つです。
すでにホピ族が予言してます。
選択の余地があったのですが、どうも人類は選択を誤ったみたいですね。

2012/09/03(月) 23:01:21 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
武士も 戦犯も 何が したかったのかなあ 侵略 暴力 気が変だよなあ 他の歴史が無くて残念だなアッチのジジイの病気を治したくて歴史がつながって トカ ずうっとソレばっかりだったら解るンだけどなあ
2012/09/03(月) 21:26:16 | URL | t #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/28(火) 21:41:52 | | #[ 編集]
Re: わ~い、お茶 さま
これは!!!・・・・・・・・(言えないよ)凄いです! 
キンチョールの鶏に「上山」て書いてるのは知ってますけど
フマキラーの象は知りませんでしたw
2012/08/20(月) 21:19:25 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
衝撃の聖天さま
こんにちは、その衝撃の尊像ですが、真言宗智山派の「圓明院」の
「秘仏女人一願聖天」と言う像です。グーグルのイメージ検索で検索すると背景に障子が写っているのですぐに分かると思います。 
2012/08/20(月) 16:53:28 | URL | わ~い、お茶 #-[ 編集]
聖天様ですか・・・確か東北の寺院で衝撃の姿をした像がお祀りしてあるのを画像で見た事があります。単身像で人(菩薩?)と金剛杵を持っている姿ですがあれは凄かったです。なんでも行者しか拝めない秘仏だそうで・・・だからこそあのような姿なのですね。余談ですが殺虫剤メーカーの「フマキラー」のロゴマークは地球に象が乗っている姿です。
2012/08/20(月) 16:38:14 | URL | わ~い、お茶 #-[ 編集]
Re: さくらさま
天部の神様て魅力ありますよね~w
宝塚駅から徒歩は、キツいと思われまツ
聖天さん、近所の生駒山にもありますw
また、行ってみまツ
2012/08/19(日) 23:56:07 | URL | 塗仏ひがし #-[ 編集]
聖天様が祀られているのですか。
う~ん行ってみたい…。
聖天様像は宇賀神様と同じくらい素敵ですよね。
2012/08/19(日) 21:14:37 | URL | さくら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nuribotoke.blog38.fc2.com/tb.php/968-ea09c543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[画像]  シリーズ前々回と前回の続きで、京都の妖怪絵師にして妖怪伝道師の葛城トオル氏による講座です。  シリーズ第32回などでも取り上げたことがありますが、そこは平安京の葬...
2012/08/20(月) 20:23:37 | 小路のヲタク草紙
[画像]  京都の松原通り、鴨川東岸側の地域は、平安時代の京都の葬送地のひとつでした。  毎年、お盆の時期(8月7日〜10日)になりますと、亡くなった先祖の霊である「お精霊(
2012/08/21(火) 18:50:12 | 小路のヲタク草紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。